しんどいから辞めさせてください 4

戦前とかに、食うためや親族に金を送るためなどで

軍隊に入った人には、入った理由や経緯はどうであれ、

しんどいから辞める、苦しいから辞めるという選択肢は無かっただろうし

思いつかなかっただろう。

「徴兵懲役一字の違い」と言うくらい待遇が悪くても、

外の最も貧しいひとたちと比べると、かなり良かったのだろう。

そういうことが、戦後もあれこれと影響していそうである。

 

<あの頃映画> 拝啓天皇陛下様 [DVD]

<あの頃映画> 拝啓天皇陛下様 [DVD]

 

 

しんどいから辞めさせてください 2

中井久夫氏は、軍人の家系とのことで、軍上層部の様々な事に

不満を持っていたようだ。

しかしながら、食うためや家族、親族に金を送るために軍隊に入った、入れられた

人達からすると、

わざわざ軍関係の士官学校などに行き、自分から軍隊に入った人たちが

後から何か文句を言って いても、関心を持たなさそうである。

 

 

しんどいから辞めさせてください

学校時代に、球技部に入って、そこで話す相手もいない、ランニングにも

付いていけない、という状態だった。

そこに同じクラスの人が自分の別の球技部の事を「ワー」という感じで話してきた。

そのまま、マヒ状態的な感じでそちら行き、夏の練習になったら、体力的に

しんどい、周りと何かずれていることをしているようで、周囲が戸惑う、という事で

電話で上級生に辞めたい旨言ったのだが、なにか通じずにいろいろ言っているうちに

相手が切れて、秋まで辞められなかった。

今から考えると、「しんどいから辞めさしてください」で辞められたのかなと思う。

ちょっと話は飛ぶが、うちの母親は一刻も早く立ち去りたい家にいて、

外で金を稼ぐ自身が無かったから、そのまま出ていけなかった。

こちらにしても、その後の学費を通帳に入れてまとめて渡してもらえば

直ぐに出ていけたのではないかと思う。

最近、何かとパワハラ経済的徴兵制などが言われているが、

昔の方がひどかったのだろう。

 

 マヒの話はこちら

 

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法

 

 

統合失調症の人の話しかけ方の特徴について

病院とかで、たまに統合失調症の人に話し掛けられることがあるが、

戸惑うことが多い。

喩えて言うなら、太った女性に近寄って、体重や体形の話題を笑いながら

話し出すような感じである。

自閉症圏の人ならば、相手に関係なく自分の関心のあることを話し出すという

感じだが、それとは違い、相手が気にしていることを選んで話題にして

話し出す感じである。

よく、脳の機能がなんとかで、という説明をする人はいるが、

それではあまり独特さが伝わらなさそうである。

 

実家の整理について

普通は、実家の整理というと業者に来てもらうのだろうが、

業者なら直ぐに売り飛ばせそうな物しか持って行ってくれないだろう。

以前、不用品をバザー用品に寄付するため、福祉団体に自分のマンションまで取りに

来てもらったときは、軽ワゴンでわざわざ取りに来てくれた。

福祉団体なら、テレビなどの売れそうなものだけでなく、

バザーに出せば売れそうなものや、そこで使いそうな物や、

そこの通所者の人が使いそうなものまで、いろいろ持って行ってくれそうである。

業者に少し持って行ってもらって、少しの金額をもらうよりは、

福祉団体に頼んだほうがよさそうである。